Guide で Gaia DR2 を表示2018年05月12日

星図ソフト Guide のユーザーML(英語)で興味深い情報が提供されました。
Gaia宇宙望遠鏡の観測した恒星カタログの2ndリリースデータ(Gaia DR2)をGuideで表示させるというのです!

この方法は、別の星図ソフト Cartes du Ciel (フランス語で ”天の地図”)が拡張機能としている、今表示しているエリアの恒星カタログデータをVisarというサイトからダウンロードして表示する、というものでした。

  Cartes du Ciel のスクリーンショット(M13 with GAIA DR1)

Guideには元々、今表示しているエリアの DSS や A1.0 や B2.0 などのデータをダウンロードして表示させるという機能がありました。これらは既存のメニューにあるのですが、拡張機能として、ツールボタンの機能を書き替えることで実現できました。

この機能をGuideに追加して、起動!
ン? 恒星が増えた?

  Guide で M13 周辺を表示。恒星はUCAC3まで。

  Guide で M13 周辺を表示。恒星はUCAC3 + Gaia DR2

球状星団M13の周囲でダウンロード&表示させてみたのですが、M13の近くはデータ量が多かったのか表示できませんでした。

  M81銀河の周辺で Gaia DR2 を表示。
  M81銀河の恒星もカタログにあることが分る。

  おうし座γ周辺を何度もダウンロードして表示

どうも Guide で Gaia DR2 の恒星データが、今表示しているエリアとズレるようです。
後で気付いたのですが、Gaiaの恒星データの分点が2015年だったのでした。

とりあえず、すごい機能が使えるようにはなったのですが、私に必要かというと、う~~~ん (^^ゞ

Juno探査機の木星映像を再現2018年05月08日

Juno探査機が撮影した木星の画像データ。これは生データが一般に提供されて、愛好家がそれぞれに合成して様々なすばらしい画像を作り上げ、公開しているのだそうです。

その中で、木星本体に接近した時に撮影した、大赤斑と南極領域が見られる迫力ある画像が作られたことを知りました。(Sean Doran氏のツイッター


これを宇宙シミュレーションソフトで再現しようと思いましたが、問題は、木星に大接近して、巨大に見えるであろう木星を表示できるか、ということ。これはつまり、視野角を変更できるか、ということになります。

木星に大接近できる宇宙シミュレーションソフトとしては、以下のものがあります。
1.Stella Navigator
2.Mitaka
3.Celestia
4.Gaia Sky

Stella Navigatorの太陽系フライトモードは・・・ 使いにくい (^^ゞ 木星面に接近できない。

Mitakaは木星への超接近など操作は楽だけど、視野角が50°ほどで固定のまま。たぶんパラメーターファイルをいじることで変更できるでしょうが、操作中には変更できない。

  Mitakaで木星へ接近

Celestiaも、操作は簡単。しかし、やはり視野角を変更できない。

  Celestiaで木星へ接近

最後の候補のGaia Skyを使ってみました。Gaia Skyでは視野角を変更することができました!

  Gaia Skyで木星へ接近。視野角45°

  Gaia Skyで木星へ接近。視野角90°

ホント、Gaia Skyはすごいソフトです!
それにしても、超接近した木星の迫力のスゴイこと!!

プラネタリウムアプリ Star Walk2018年04月04日

先日ネットで調べ物をしていたときに、興味深いプラネタリウム アプリを見つけました。Star Walk 2という、iPhone、iPad や Android 用で、無料版(企業広告アリ)と有料版があります。


きれいな星空と星座が表示されるアプリですが、プラネタリウム・モードしかないみたいです。

気になるのは、このアプリで使われている星座のイラスト。

よく使われるのはフラムスチード星座図のような星座で、絵姿に多少のオリジナル性はあるものの、基本的な姿は同じでした。しかしこのアプリの星座絵はまったく違います!

まず、おおぐま座とこぐま座は向きが逆になっていて、尻尾が長くありません。この絵姿だと、どうして尻尾が長いか説明する手間が省けます(^o^)

  おおぐま座

  こぐま座

おとめ座は身長が長く、また星座線も両足が分るようになっています。
  おとめ座

ペガスス座は、後ろ足もある全身像!

ペガススの後ろ足と場所が重なりますが、アンドロメダもそれなりの姿。
  アンドロメダ座

カシオペヤ座は椅子に腰掛けず、手鏡で顔を見てますね。
  カシオペヤ座

くじら座は、海獣ケトではなく、クジラの姿になっていました。
  くじら座

興味深いアプリで、ちょうど今の時期はハロウィーン記念で、広告を消す有料版が400円、さらに追加機能も含んだものが600円のキャンペーン中。
でも、プラネタリウム・モードしかないから、ま、いっか。

次の接食を探す2018年02月24日

2月22日の7等星の接食の撮影観測に失敗したのがくやしくて、次の接食のチャンスを探してみました。といっても、天文年鑑2018にはもう載っていませんし、2019年の予報はまだ出ていません。
そこで、自分で探すことにしました。

近くでの接食を探すために使ったソフトは、寺迫さん作の SMAP Win。

「表示モード」を経緯度指定にして、搭載されている掩蔽データを次々と表示させて、限界線(黄色の実線)が近くを通る星食を探しました。

2018年では、2/27、2/28、3/1、3/25、4/3、4/7、4/28、5/29、8/1、8/7、8/24、10/26、10/27、11/21の食が見つかりました。
2019年では、1/21、1/29、2/14、3/13、3/24、5/17、5/19、7/28、8/25、10/17、10/18、11/13、11/20、11/21、12/15、12/19の食が見つかりました。

ところが、SMAP で表示される恒星番号は XP カタログのもの。現象を Occult や Guide で表示させるには、SAO 番号が必要です。

そこで Occult の予報機能を使って、各恒星の XP番号から SAO番号を探りました。そしてそれぞれの食の様子を Guide で表示させたところ、月齢が満月近いなど条件の良いものは少なく、次の3件が上弦頃の暗縁接食になることが分りました。

  例:2018年2月22日の食の様子

  2018年3月25日の食の様子

  2019年2月14日の食の様子

  2019年3月17日の食の様子

今年はあと1回。来年は2回のチャンス。
条件の良い接食って、少ないものです。それだけに、先日の観測の失敗が残念です。

7等星の接食の観測、、、2018年02月22日

2月3日の日記に書いたのですが、2月22日に近くの八戸市を限界線が通る7等星の接食がありました。天気は幸いにも快晴に恵まれ、ビデオ観測に出かけました。

  2月22日 XZ 4345 の接食の南限界線

  Occult による月縁の状況

事前に、Occult で得た月縁の状況から、-1.2km辺りが明滅の回数が多く興味深いことが分りました。そこで観測地を選定。

 Clickで拡大i

 Clickで拡大

地図を拡大して適当な観測場所を探したところ、江陽の魚市場の河岸が良さそうと考え、Google Map で現地を確認し、そこに決定しました。
観測機材を車に積んで、いざ出発! 現地到着は17時半頃。




ビデオ撮影機器としては、とりあえず前回のアルデバラン接食の時と同じ、EOS 60Da を付けてみました。

  R200SS+10mmアイピース+EOS 60Da

やがて空が暗くなった18時過ぎに、食される7等星が見えてきました。しかし EOS 60Da では恒星が写りません。そこでオートガイダー用の天体用ビデオカメラ B05-3M に変更。

  R200SS+B05 3M

B05での録画にはPCが必要です。ビデオキャプチャー装置&ソフト GV-USB2 で接続して撮影。


接食の様子が分るよう、現象が起こる18:37より前の、17:22から撮影を開始。


記録用にビデオ撮影の様子などを撮っていたら、アララ、録画が中断している!
急いで18:35から録画を再開!!


ところが録画再開からたった1分後に、突然PCがダウン! 電源ボタンを押すも、再起動せず!!
アララ、まさかPCまで氷点下環境では使えないのか?

とても良い条件の、しかも快晴に恵まれての接食だったのに、観測機器の準備不足で失敗してしまいました。新しい機器で観測する時には、完全な予行演習が必要です!

接食観測結果表示、つづき2018年02月03日

接触観測結果を Occult で表示できない件、ブログに書いたのを知人が見て、表示できない原因を教えてくれました。何と、再度入力直したデータが、接食データであることを示す [Graze] にチェックを入れてませんでした!


ちゃんと [Graze] にチェックを入れたら、そのままで観測結果を月縁図に表示してくれました (^^ゞ

今後こういった入力ミスをしないようにと、日本語で観測データから報告書用ファイルを作ってくれる IRiot というソフトを使ってみました。(IRiot って、I will Report it to IOTa! の頭文字なのネ)


まず観測地・望遠鏡・観測者のデータを入れ、観測結果を入力します。日本語なので、内容がよく分ります v(^-^)


1件入力して、次からは [現観測をコピーし追加] を押すと、観測条件など変わらない項目だけグレイ表示され、入力が必要な項目が分る行が追加されます。この方法だと入力ミスが防げます!



ところで、今回の知人とのメールのやり取りで、2月22日(木)に近くの八戸市を通る接食があることを知らせてくれました。

  2月22日 XZ 4345 の接食の南限界線

この接食の情報を得ようと Occult で表示させようとしたところ、アララ? XZ 4345 の接食どころか、星食も予報欄に出てこない! 星図ソフト Guide でも、SMAP でも、この接食を表示してくれます。

  Guide9 で表示させた 現象前の様子

  SMAP で表示させた、星食と限界線

  SMAP でも、月縁図を表示することができました!

2月22日に接食は起こるハズなのに、なぜ Occult で表示されない? いろいろ試したところ、Occult では ZCカタログの恒星の他は、次は SAO番号で表示され、XZ番号は表示されないことが分りました。XZ 4345 = SAO 93398 でした。


アレレ? SMAP の月縁図と違うなぁ。
よく見ると、SMAP の月縁図は、東経135°緯度35°で見た月縁でした。Occult で表示させたのは、観測予定地の東経141°でのものでした。経度が6°違うとこんなに違うんですね。

2月22日の接食は、平均月縁の+0.6kmと、-1.2km辺りが狙い所みたい。晴れるとイイな♪

接食観測結果を Occult で表示2018年02月02日

1月27日のアルデバランの観測結果を見た知人が、その結果を Occult でグラフィカルに表示させて送ってくれていました。(1月31日の日記に掲載)

この画像を自分でも表示させたくて試すのですが、なかなかうまくいきません。画像を作ってくれた知人とメールでやりとりするも、なかなかうまくいかず。

  星食観測用ソフト Occult スタート画面

  接食の観測結果を表示
   データ入力時にファイル名を付けて保存してから行われる

この画面で、右上の [Reduse & Plot] ボタンを押す。

  Reduse &Plot の画面
この画面で、観測の1件ずつなら、選択・右クリックで月縁図に表示できます。しかし、全観測を表示させると想われる [Plot graze events against profile] ボタンがグレイアウトして使えません(+_+;
観測記録を新規入力しても、ファイル保存したものを読み込んでも、ボタンはグレイアウトしたまま。

そんな折り、先の知人からメールを頂きました。それは、テキスト保存した報告書をクリップボードにコピーして、観測結果の画面にペーストする、というもの。
え? これって同じことじゃないの?
疑心暗鬼ながらもそのようにやってみると、おぉ! できましたぁ!!

  接食の観測結果の画面
  データはコピペしたので、[Unsaved edits...] と表示されている

  コピペしたデータでの [Reduse &Plot] の画面
  右上の [Plot graze events against profile] ボタンが使える!!

  表示された、接食観測の記録と月縁図
  接食予報の場合と違い、平均月縁がX軸

  表示させる標高や経度を調整

観測地での予報を表示させるには、メニューの [Observed grase & occultation data] の [List current observers] をクリック。表示されたダイアログボッックスにある観測者を選ぶと、予報ラインが表示されました。

  観測結果と月縁図を表示。月縁図は LOLA データ

  観測結果と月縁図を表示。月縁図は Kaguya データ

いやぁ、ホント Occult ソフトは素晴らしいです。あまりに多機能すぎて、その使い方が分らないのが難関ですが (^^ゞ

アルデバラン接食の観測を報告2018年01月31日

1月27日のアルデバランの接食の撮影動画から、潜入や出現の時刻を調べるために、こんな方法を使いました。

オリジナルの動画ファイルは55.97frame/secの MOV形式。まずはこれを1コマずつ確認できるよう、AVI形式ファイルに変換します。そしてPegasys社の動画編集ソフト TMPEGEnc Video Mastering Works(TVMA)を使って、潜入や出現のタイミングを1コマずつ手動で確認します。


現象のフレームからは、動画の先頭からの時刻が分ります。そこで19:16:00ちょうどのフレーム時刻を確認し、これからの経過時刻から、現象の時刻を割り出しました。

月を基準としたアルデバランの移動
  19:16:00~19:20:00 の20秒毎の画像を重ね合わせ
  大気揺らぎが大きいので、月の地形はボケてしまった

次に観測結果を報告する際には、国際的に定められたフォーマットがあります。これは星食観測日本地域コーディネーターのサイトの中の「IOTA 星食観測報告フォーマット」に日本語で解説してくださっています。これに従うと、次のデータとなります。

Place name     Miyako, Iwate, Japan
Email address  ●●●@●●● 
Representative KODA
TA  CAD    9   125  +1415841.0  +394456.6  84  100  M
OA  KODA                   ●●●@●●● 
20180127101639.2  R   692 DDG    EM M0.02 1          32    AA
20180127101652.9  R   692 RDG    EM M0.02 1          32    AA
20180127101746.8  R   692 DDG    EM M0.02 1          32    AA
20180127101806.4  R   692 RDG    EM M0.02 1          32    AA
20180127101816.6  R   692 DDG    EM M0.02 1          32    AA
20180127101919.2  R   692 RDG    EM M0.02 1          32    AA

最初の3行は、観測地名、報告者情報。
4行目は観測機材(望遠鏡)、観測地経緯度。5行目は観測者情報。
6行目から、観測データ。
日時は世界時での ”年月日時分秒”。
次は対象恒星。”R 692”はZCカタログでのアルデバランの番号。
次の3文字は現象。潜入(D)、出現(R)。暗縁(D)。接食(G)。
次の10文字程度は、時刻星の方法や精度など。
「32」は大気の状態。”大気の安定性”(1・2・3)、”透明度”(1・2・3)。

接食観測の内容は、潜入(D)と出現(R)の回数で状況を評価します。私の場合は”3D3R”なので手入力でもできますが(それでも最初は記入ミスがあった)、岩手大学天文部などは”11D11R”の観測をしたといいます。

となると、間違いなく、簡単に入力できる方法が必要となります。これは IOTA の星食観測ソフト Occult で行うことができました。


そして観測結果を月面図上に表示してくれる機能もあるようです。(どうやるかは不明 ^^; )


今回の接食観測で、星食の予報、観測から報告までたくさんのことを教わることができました。昔のアナログ時代と変わって、今はデジタルになったおかげで便利になったものです。


あと、今回いろいろネット上を探したら、PC用の時報ソフト PJP なるものがあることを知りました。


PCの時刻でJJYのような信号音声を発してくれ、現象が起きたタイミングでキーボードのキーを押すとミリ秒の単位で記録してくれるという優れものです。ただ、時刻を正確にするためには、別途GPS時計を使うなどしてPCの時刻を正確に維持する必要があるのですが。

小惑星(51)Nemausaによる恒星食2018年01月21日

今回久しぶりに星食観測用ソフト Occult 4 を使ったついでに、今年の小惑星による恒星食の条件の良いもので遊んでみました。

Best Worldwide Asteroid Occultation Events for the Year というサイトがありました。この中の、3月31日深夜に日本で見られる、(51) Nemausa による 10.1等星の食があり、食の予報地図があります。



この食を、高精度星図ソフト Guide 9 で再現させてみました。最新の MPCORB.DAT をダウンロードしましたが、この小惑星の軌道要素は 2017年9月4日の元期のものでした。これで単純に恒星食を計算すると、次の図のようになります。これによると、食帯は日本を通っていません。

  Guide 9 による恒星食の食帯

Occult 4 で同じ MPCORB.DAT データを取り込み、1995年10月~2023年2月の軌道データを作成して食を予報させると、次の食地図が得られました。

  Occult 4 による恒星食の食帯

  Occult 4 による恒星食の食帯

Occult 4 にはこの予報を Google Earth で表示させる機能がありました。

  Occult 4 による食帯を Google Earth に表示

せっかく Guide に小惑星による恒星食の予報機能があるものの、たった半年の差で食帯がこれだけズレるので、小惑星の軌道をちゃんと摂動計算してくれる専用ソフトが必要になるのですね。

1月末のアルデバラン接食2018年01月16日

1月27日(土)夕方に、アルデバランの食が起こります。その際に、恒星が月の縁を通る接食が東北で見られ、知人の星食愛好家からは数年前から「一緒に行こう!」と誘われていました。

昔は明るい恒星の接食ラインのデータは『天体観測年表』に載っていたのですが、今は発刊されておらず、『天文年鑑』には詳しいデータは載っていません。

そこで頼りになるのは天文ソフトやネットからの情報になります。

星図ソフト Guide も食のエリアを表示できます。ただ地図が大雑把で、限界線の精度も不明。

  Guide9 で表示したアルデバラン食の領域(グレー)

竹迫さん作の SMAP は恒星食予報の専用ソフトで、しかも限界線を GoogleMap 上に表示する KML ファイルも作成できます。

  SmapWin で表示したアルデバラン食の領域

  SmapWin で作成した KMLファイルを GoogleMap に表示

  SmapWin で作成した KMLファイル(クリックで拡大)

IOTA(国際えんぺい観測協会?)では、Occit という、万能掩蔽データソフトをダウンロードできます。


Occlt を使うと、接食の限界線経緯度のデータを得ることができます。また日本の月探査機 Kaguya による月の標高データを使った月縁図も得られます。

  Occult による、アルデバラン食の月縁データ
  X軸は月に対しての恒星のコース。点線は月縁。
  (コメントを受け、訂正しました)

追記(2018/01/21)
  Occult による、アルデバラン食の月縁データ
  Lunar Reconnaisance Orbiter によるLOLA(Lunar Orbitar Laser Altimeter)高精度月縁データ

  Occult による、アルデバラン食の月縁データ
  Kaguyaによる高精度月縁データ


このようにいろいろなソフトを駆使することで観測計画を立てることができますが、日本では幸いなことに、国立天文台の相馬充先生が国内のえんぺい観測をサポートしていて、接食の限界線や月縁のデータを提供して下さっています。

  相馬先生による、アルデバラン食の限界線の領域
  1σ、2σのラインも描かれている。

  相馬先生による、月縁データ。Occult のものより詳しい。

今やネットでこれだけのデータを得ることができると、たしかに『天体観測年表』は、その役割を終えた、といえます。