DOB 12 の光軸調整2020年03月08日

2月19日の日記で、ピンホール式の光軸調整用アイピースを使って光軸調整をやってみました。しかしこの方法は焦点距離が800mmぐらいの小型望遠鏡じゃないと、接眼部と主鏡部の行き来がたいへんなことが分りました。

そこで考えたのが、レーザーコリメーターを使うこと。そこでAmazonを覗いたら、値段の幅が1桁違うグループが! 1万8千円ほグループと、1800円ほどのグループ。安いのはうれしいのですが、大丈夫か? とりあえず数品目をチェックしたところ、その全てが中国の深圳の会社のものだった。ちょうど時期悪く、新型コロナウィルスが流行中。深圳の会社から購入して、届くのはいつになることか。

そこで県内の星仲間に問い合わせてみました。レーザーコリメーターを持ってて、貸してくれる人はいないか、と。するとありがたいことに、弘前市のKさんが提供してくれました。


  アイピースの中心から赤いレーザー光が出ます

  (クリックで拡大)
  主鏡のフタをしたところ。中心にレーザーの赤い点が写っている。

  (クリックで拡大)
  光軸調整前。斜鏡に戻ってきた光が2つに分かれてる。

  (クリックで拡大) 光軸調整前。
  アイピースから出たレーザー光がアイピースの中心に戻るようにネジを調整する。

  光軸調整で、主鏡で反射されたレーザーが中心に戻ってきた様子。

これで光軸調整が完了となるワケですが、実はも少し追い込みが必要です。

まず、レーザーコリメーターが接眼部の中心にいない、という問題があります。アイピースの固定ネジが2本なので、ネジの無い側にズレてしまいます。そしてそのため、レーザーコリメーターが斜めに付いていることになります。このため、主鏡の中心に貼られたリングシールを見ると、レーザーがシールの中心に無いことが分ります。

  (クリックで拡大)
  鏡筒の先から主鏡を見たところ。
  斜鏡の左に見えるリングシールの左にレーザー光が当っている。

このズレを確認するために、アイピースの固定ネジの向きを180°変えたところ、光軸がズレていました。つまり、光軸調整が完全にできていないということになります。レーザーコリメーターはとても便利、というか、ドブソニアン式望遠鏡には必須ということが分りましたが、これを使った光軸調整の方法には、もう一工夫が必要なことがわかりました。

  光軸調整後に月をコリメート撮影

コメント

_ gotodebu ― 2020年03月19日 21時28分28秒

DOB12はトラス構造で斜鏡のどこにレーザーが合っているか
確認できるため、光軸調整しやすいと思います。

私のは斜鏡にはオフセット中心にマーキングをしてあります。
レーザーが斜鏡のマーキングに当たり、かつ主鏡のマーキング
の中心にもあたるように斜鏡を調整後、戻り光がコリメーターの
中心に戻るように主鏡を調整すれば、ほぼ光軸はOKだと思います。

厳密にいうとコリメーターが傾いているとだめですが、
31.7mmスリーブがクリックロックとか真鍮リング式のものなら
ほぼ問題ないと思います。
(私はAstrostreetの真鍮リング式を使ってます。

_ KODA ― 2020年03月20日 16時14分36秒

gotodobさま、コメントありがとうございます。

DOB12の主鏡には最初からセンターシールが貼られていてイイですね。おかげで光軸調整作業がはかどります。
鏡筒がトラス構造なので、斜鏡の様子が見えるのもイイです。

ホントは斜鏡のオフセット位置にマーキングも欲しいところですが、どの位置にすれば良いのか、勉強不足です。

レーザーコリメーターの中心出しが重要ですね。
今のコリメーターは借り物で、アイピースのスリーブにはちょっと緩いので、2点支持だと斜めになってしまいます。コリメーター付属のスリーブは3点支持なので良いのですが、このスリーブがDOBに付けられないのが残念です。

Astrostreetの商品を見てみました。セルフセンタリングスリーブというのが、中心出しができるモノでしょうか? 中心出しがうまくできるとイイです。

_ gotodebu ― 2020年03月22日 00時35分15秒

KODAさん

私はこのスリーブを使っています。

ただ、GOTOドブは構造上どうしてもカメラ等重量物を
取り付けると接眼部とトラスがたわんで結局は多少ずれると
思います。

なのでほどほどに合わせるというぐらいで良いのでは
と考えています。 (ちょっと気持ち悪いですが・・・)

_ KODA ― 2020年03月22日 17時58分50秒

gotodobさん、お返事ありがとうございます。
センタリングスリーブで良かったのですね。検討したいです。

もっとも、カメラのようなモノを付けるとたわんでしまうのですね。
これも確認が必要ですね。

これからの私のGOTOドブの使い方の中で、どの程度の光軸調整が必要か、
それによりけりですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック