小惑星による恒星食の観測(不成立)2020年02月24日

今日は久しぶりに東北地方での18時台の小惑星による恒星食が予報されてました。晴れそうだったので、近くの、新しい星見場所へ出かけてみました。

  (694) Ekard による12等星の食

今年は雪が少ないものの、人の出入りもなく、一度も除雪されてない公園には、まだ雪が積もっていました。公園下の駐車場は幸い、きれいに除雪されていました。

いつもの20cm反射望遠鏡を、方位磁針でおおよその北を確認して設置。極軸調整のできる星が出るのを待ちます。
ノートPCには、GPSレシーバーを付けて時刻の補正を行い、CMOSカメラを付けて、観測体勢OK。
やがて北極星が見えてきたので、極軸調整はOK。望遠鏡を東に向けて、目標の12等星が導入できるまで待ちます。



目標星は、うみへび座の頭とM48の中間辺りの星。


まずファインダーでかに座の四辺形を捉えました。そこからうみへび座の頭の星を捉え、そこを起点に目標星の位置を導入。空が明るいので、近くの9等星で構図を決めて暗くなるのを待ちます。


しかし残念なことに、初めは雲が無かった東空低くに薄雲が広がり、結局9等星以上の星が見えることはありませんでした。残念。


とりあえずは、空が明るい中での望遠鏡や観測機材の設置や準備、そして目標星の導入まで、一通りできたことを確認しました。経験の回数を重ねることで、現象の観測に集中できるようになりたいものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック