久しぶりの 小惑星による恒星食 観測2020年02月11日

2月11日20h17mに、久しぶりに9等星という明るい恒星が小惑星(2933)Amberに隠されるという現象があった。掩蔽帯は関東北部なので、こちらで食が見られる可能性は、まず無い。でも、せっかく晴れたので、久しぶりに観測してみることにした。



遠征するまでも無いので、自宅の玄関前で観測することに。

  (クリックで拡大) 自宅周辺は結構 明るい。
  望遠鏡と玄関は白色ライトで照らして撮影(対角魚眼)

ただ、ふたご座が見える場所に望遠鏡を設置したら、北極星の見えない場所。そこでやむを得ず、いわゆる「ベランダ極軸調整」。まずは南の天体を追尾して、ズレから架台の方位のズレを調整。

  オリオン大星雲を視野に入れ、南北方向のズレ量で方位を調整。

ところが慣れない「ベランダ極軸調整」がなかなかうまくいかず、格闘しているうちに、あらあら、現象の時刻が来てしまいました(T-T)

  小惑星(2933)Amberに隠される予報だった9等星

今回の観測失敗は、いろいろ考えさせられました。

一眼デジカメで、天体望遠鏡を使った直焦点撮影にハマってた頃は、せっかくの星空の下へ出かけているのに、望遠鏡はカメラに占拠され、眼視では星空を眺めただけ。特に寒くなると車の中に避難し、複数枚シャッターを切るときだけ外に出るという状況に、”星見を楽しんでいる”という感じが無くなって停滞。

その後、CMOSカメラ(当時は惑星カメラと呼んでいた)を使った”電視観望”に目覚め、手間がかかるものの、手動で天体を導入し、PC画面ですが、望遠鏡を通して肉眼で見るよりも天体が良く見え、”星見を楽しんでいる”感じに満足していました。

ところが天体観測では、目標天体を導入するのが目的ではなく、導入後に観測することが目的。それが、目標天体の導入に四苦八苦している状況では本末転倒。

自宅は街灯りや多湿地域のため星見には向いておらず、望遠鏡は据え置きではなく、その都度組み立てて、極軸調整し、天体を導入。なので、北極星が見えないと天体導入に苦労します。なので、天体観測(主に 小惑星による恒星食の観測)を行うには、望遠鏡環境を考えないといけないようです。

自動導入型ドブソニアン望遠鏡を購入!2020年02月15日

2月11日の、小惑星による恒星食の観測の失敗(目標天体の導入が間に合わなかった)を受けて、以前から いつか購入をと考えていた、自動導入型ドブソニアン式望遠鏡 「スカイウォッチャー DOB GOTO WiFi」をショップで見てみました。すると、ちょうど今、決算セールの真っ最中! 購入を考えていたのは、12インチ(30cm)望遠鏡。それが定価33万(税込み)のところ、約10万安い 23万7600円! コレが、KYOEI TOKYO では2月25日まで! (ショップによって期限が違っていた)

  KYOEI TOKYO サイトの、DOB GOTO 12 WiFi セール画面

コレは!と思いながら、ネットで DOB GOTO の情報を探しました。ところが、あまり情報がありません。
1つは DOB GOTO が天体導入する際のモーター音が大きく、夜中に民家の中で使うのが心配、というもの。
もう1つは、14インチを購入した方の購入してすぐのレポート。感想は一言、「くそ重い。モーター音が大きい。大後悔」というものでした。重いという話は参考になりましたが、購入の良い参考になるほどではありませんでした。
16インチの購入者のレポートもありました。感想はやはり、「でかい、重い」。しかも16インチ望遠鏡だと鏡筒が直立した時に高さが2m超えになるので、観望には脚立が要る、とのこと。大口径の魅力はあれど、なかなか辛口コメントばかりです。

このようにネットには辛口コメントばかりでしたが、地方にいるとほとんどがそうですが、実際に使ってみないと分らない。ということで、ポチっと、な。
すると KYOEI TOKYO さん、素早く対応してくださって、本日18時台に佐川急便で届きました!

ということで、開封の儀!

届いたのは、巨大な段ボール箱2個。それぞれが重い!

  鏡筒の箱、20kgほど。

  架台の箱、30kgほど。重い!

  架台の箱。1層目は側板と支柱

  使っている段ボールは、固めで部材の厚さ分の3枚重ね。なので頑丈で、重い!

  2層目はクッションの段ボール板。3層目は側板。

  4層目はクッション板。5層目に、堅いスポンジで固定された側板と、部品。

  5層目のスポンジの付いた段ボール板を取ると、底板(回転板)

  最も底になる円盤には、3カ所に堅いゴム脚が付いてます。

続いて、鏡筒の段ボールの御開帳!

  堅いスポンジで3カ所が支えられた鏡筒と、部品箱。

  部品箱の中には、ファインダー、支柱、アイピース2個、接眼部パーツ。

  ついに鏡筒 ご本尊! 30cmとはいえ、デカイ!

  斜鏡は、ゴムで止められた保護紙が巻かれていた。

  斜鏡は、ガラス材がサポートに直接取り付け。

  Vixen R200ss の鏡筒と並べてみた。やはり、30cmはデカイ!

  鏡筒の上にはフタ。

  上から主鏡をのぞき込む。
  主鏡の中央に、光軸調整用のリング状シールが貼ってある。

  鏡筒のサポートを伸ばすと この長さ! 焦点距離 1500mm也。
  サポートを伸ばすと カチッと音がして止まる場所があり、そこでロックをかけるだけ。

この後は経緯台の組み立てになるので、今夜はここまで。

スカイウォッチャー DOB 組み立て2020年02月16日

昨日届いた スカイウォッチャー DOB GOTO 12 WiFi (30cm反射望遠鏡)。昨夜は箱から部品を出したところまで。今日は夕方から組み立てです。
このセットには、組み立てに必要な工具(プラスドライバー、Lレンチ2種)入っていて、便利です。

  側板に支柱と取っ手を取り付け


  底板に側板を取り付け (ここではネジを完全には締めてません)

  側板(正面)を付け、側板どうしでネジ止め
  側板どうしをしっかり止めた後に、底板への取り付けネジをしっかし締める

  側板、鏡筒固定および駆動側の様子

  側板、鏡筒支持側の様子。回転するゴム環が2つ付いてます

  架台に鏡筒を取り付け。
  鏡筒は水平で取り付けますが、筒先を伸ばしていないので、主鏡側が重いです。
  
  ハンドコントローラーや電源などの配線

  鏡筒を伸ばして完成! この姿勢でバランスが取れています。

  SynScan ハンドコントローラーで操作。
  最初なので、経度・緯度・時差・標高・日時を入力し、アライメント。

自動導入式天体望遠鏡は、以前、ミードの ETX-90 を購入して使ったことがあり、自動導入の便利さを実感したものでした。望遠鏡の関係部品を置きっぱなしにしていた小屋が火事になって AutoStarコントローラーを消失したため、隠居してしまいました。(望遠鏡は自宅に持ち帰っていて無事だった)

ETX の AutoStar の感覚で SynScan の恒星アライメントを行ったところ、???な現象に遭遇。

事前に説明書を読んでから望遠鏡の組み立てや SynScan の操作に挑んだんですが、1スターアライメントで、まず金星を選択。しかし望遠鏡は動きません。ENTER ボタンを押すと、なぜか次に恒星名が表示。選べるのでシリウスを選択すると、突然 鏡筒が移動を開始しました! 何だ、これは?

そこで SynScan の説明書をよく読むと、1スターアライメントというのは、まず最初の星をコントローラーを使って自分で導入し、その次にコントローラーが1つの星を導入して、導入精度を修正してアライメントを完了する、というものでした。そうだったのかぁ~~~

操作を終えて、そのままいきなり電源を切って良いか分らないので、ユーティリティでホームポジションへ移動させたところ、”北・水平” へ鏡筒が動いた後、コントローラーに「電源を切って下さい」と表示され、安心して電源オフ。

さぁ、次は実際の星空でファーストライトだ!

スカイウォッチャー DOB ファーストライト2020年02月17日

今日は日中 小雨になりましたが、夕方から晴れ、幸いにも星空に恵まれました。さあ、DOB GOTO 12 のファーストライトです! もっとも雨上がりなので、お試し程度しかできませんが。


望遠鏡の台座は、直接地面へは置かず、花壇用ブロックを敷いて、その上に置きました。そして台座の上には水準器を置き、水平を確認・調整しました。

  台座のゴム脚の下にレンガ。右の水色の丸いモノは水準器。

また、鏡筒は水平にし、真北に向けます。これは方位磁針で確認しました。


地面が濡れているので、バッテリーはイスの上に置いて汚れないように。架台の向きに応じて位置を変えられるようにもしました。

さてさて、このように望遠鏡を設置し、いよいよアライメント。
モーターの駆動音は特に大きいワケではありません。ビクセンのGP赤道儀の16倍速とさほど違いません。ネットで見た ”モーター音が大きい” というのは、14~16インチだったからなのか、それともモーターが変わったのか。他に見たことが無いので分りませんが、12インチドブソニアンは問題無しです。

アライメントを終え、オリオン大星雲を導入してみました。ウィ~~~ンという心地よい音を鳴らしながら、口径30cmの巨砲がオリオン座の方向に向きます。天体導入が終了したので、20mmアイピース(fl=1500mmなので、75倍)で見ると、おぉ! オリオン大星雲の明るい部分が、その模様まで見える! さすが30cm! しかし恒星の像がおかしい。光軸がかなりズレているようだ。

  トラペジウムを、10mmアイピース(150倍)をコリメート撮影。
  光が左上へ広がった彗星状になっている。

ドブソニアン式望遠鏡は、大口径を気軽に扱える分、主鏡の抑えを緩くしているようで、光軸調整をちょくちょく行わないといけないようです。

さて、ハンドコントローラーによるアライメントと自動導入を試したので、次はパソコンを使った操作。ハンドコントローラーとパソコンをUBSケーブルで繋いで、対応ソフトであるステラナビゲーターを起動。


ステラナビゲーターの「観測」メニューにある「望遠鏡コントロール」から、メーカーを「Sky-Watcher」、望遠鏡を「DOB GOTO 8/10/12/16」を選択し、「接続」。(この機能は初めて使いました) すると画面に望遠鏡コントロールパッドが表示されます。

  ノートPCでステラナビゲーター。
  キーボードの上にはプラ板を置き、その上にトラックボールマウスを置いてます。

まずはコントロールパッドで鏡筒を上下左右に動かしました。矢印ボタンを押すと、鏡筒がウィ~~~ンと移動。おぉ!!

次に、マウスで恒星をクリック。そこで表示される「天体情報」のウィンドウにあるボタンの中の「望遠鏡導入」が使用できるようになっていて、ソレをクリックすると鏡筒が動いて導入を行います。おおお!!!

こうして無事、12インチ ドブのファーストライトが終了しました。
さぁ、明日は光軸調整など、今日気づいた点の対応だ!

スカイウォッチャー DOB 調整2020年02月19日

スカイウォッチャー DOB GOTO 12、ファーストライトを済ませ、いろいろ調整が必要なことが分りました。

まずは、光軸調整。


アイピースを付けずに鏡をのぞき見ると、確かに光軸がズレていることが分ります。


そこで、主鏡を支え、光軸調整を行うネジで光軸調整することに。

  押しネジは指でも回せるが、マイナスドライバーを使うと良い。
  引きネジは手で回せるほどに大きい。

光軸調整を行うには、ピンホールで鏡をのぞき見ることのできる、光軸調整用アイピースを使用。買ったのは10年も前だろうか。初めて使うことに。



  調整前の主鏡の状況。左側にズレているのが分る。

実は私、反射望遠鏡の光軸調整を本格的に行うのは初めて。以前、10cm反射望遠鏡を見た目でおおよそ調整したことはありますが。

初め、3カ所の調整ネジをそれぞれ順番に押し引きして光軸がどっちへズレるか調べ、その後に中心調整してみた。しかし焦点距離が1500mmもあると、アイピースを覗いてズレを確認し、鏡筒の底部へ行ってネジを押し引きし、再びアイピースを覗いて、というのはとても効率が悪く、調整が全くはかどりません。

そこで、いったん3カ所のネジを同じ押し引き量にしてみました。すると光軸がほぼ中心になりました! ある程度中心にできれば、後は少しの調整だけ! こうして光軸調整ができました。

  光軸調整後の主鏡の状況。主鏡の中心にあるリング状シールが中心に来ている。

次に、使ってみて困った点の処理。
架台側板にハンドコントローラーを置くソケットがあるんですが、コレが駆動部に近すぎで、何度も入れ損なって落下する羽目に。


そこでねじ穴を開けて、ソケットの取り付け位置を外側に変更。


  ハンドコントローラー置きソケットを少し外側に。

次に、ハンドコントローラーにひっかけ紐を取り付け。アイピースの位置とハンドコントローラー ソケットの位置が少し距離があり、アイピースを覗きながらコントローラーをちょくちょく操作するには、手近な所にひっかけて置きたい。しかしコントローラーにはひっかけ紐を付ける穴はありません。かといって穴を開けるのも躊躇します。

そこで紐の端に結び目を作ってストッパーにして、コントローラーの裏蓋で挟むように。



こうしてひっかけ紐が付いたので、接眼部の近くにあるハンドルに引っかけて使うことができるようになりました。


最後に、望遠鏡始動時に鏡筒が確実に水平になるように工夫。
架台側板の鏡筒取り付け部に高度目盛りがあり、ゼロにすればほぼ水平にできます。ただ、コレを "ほぼ” ではなく、”確実に” 水平にするために、水準器を購入。工具専用ショップで2個200円の品! お買い得!!


  水準器で確実に水平に

こうして、ファーストライト時にいろいろ操作して気になった内容を対処できました。ドブソニアン操作に必要な部品類も一通り揃いました!

  左から、光軸調整用アイピース、方位磁針、鏡筒用水準器、架台用水準器
  架台に貼ってある紙テープには、”北” 方向の目印。要らないカモ。

スカイウォッチャーDOB お出かけ2020年02月20日

今日は久々に晴れるということで、いつもの海岸近くの公園へ出動。今回は20cm赤道儀ではなく、新しいガジェットのスカイウォッチャーDOBの出番。

車に入るか心配でしたが、ギリギリ入りました! 後部座席を倒し、まずは赤道儀を横置き。本体をそのまま入れるのではなく、鏡筒を段ボールに入れる際に使われたクッションを使用。そしてその後ろに架台。まるで測ったかのようにピッタリ収まりました。


  鏡筒を、座席を倒した後部座席の上に横置き。梱包時に使われたクッションを使用。

  後部ドアから三脚を入れる。高さはギリギリOK。
  これがもし14インチ望遠鏡だったら、車に収まらなかったと思う。

望遠鏡セットを車に収めると、他に積めるのは助手席に置ける程度のもの。結構ギューギューです。

架台をキチンと水平に設置。
方位磁針で真北に向けようとしたところ、架台円盤の上では電子機器の影響を受けるのか方位磁針の向きが変わってしまいます。そのため、架台側板の上に方位磁針を置いて、北向きに設置。
そうしてアライメントを実行。スマホのGPSアプリで経度・緯度・標高を入力。日時もスマホで入力。
スマホって便利だけど、こうなると必需品だなぁ~。



18時頃にいったん雲に覆われたものの、その後はほぼ快晴に恵まれました。



この夜は、初めてのドブソニアンの本格的な使用。たくさんの天体を見ることができましたが、望遠鏡のいくつかの問題点が見つかりました。詳しくは追って。

スカイウォッチャー DOB、昨夜の収穫2020年02月21日

昨夜は久しぶりに星夜に恵まれたので、いつもの、岩手県北部の太平洋岸にある公園へ出かけました。スカイウォッチャー DOB 12 WiFi の初遠征で、日没後から21時頃まで操作し、いろんな天体を電視観望(&撮影)することができました。その際、DOB の課題も確認できました。

まずは収穫から。
共通データ:望遠鏡 D=300mm、fl=1500mm、(F=5)、カメラ ASI183MC、Bining=4

18:50 オリオン大星雲 (Gain=350、1sec、sec、8secを加算平均コンポジット)

19:20 おうし座かに星雲 (Gain=350、4sec×15フレーム)
  Live Stack の画像保存。
  天頂に近いのでフレームが回転し、斜めになっているのが分る。

19:28 ふたご座M35 (Gain=400、15sec)
  fl=1500mmだと、星がたくさんあるだけの つまらない画像になった。

19:40 ふたご座NGC2392 (Gain=400、8sec×5フレーム)
  エスキモー星雲とのことだが、もっと拡大しないと模様が見えないみたい。

19:45 いっかくじゅう座 NGC2244 (Gain=400、15sec)
  バラ星雲の中央にある散開星団。左側がうっすら赤い。PNG 1枚モノ。

19:50 いっかくじゅう座 NGC2261 (Gain=350、15sec)
  ハッブルの変光星雲

20:00 やまねこ座 NGC2419 (Gain=400、15sec) 
 ※初
  ふたご座頭に近い、やまねこ座の球状星団(C-25)
  星が密集しているので、ガイドがズレると星団の星が消えてしまう。

20:05 かに座 M67 (Gain=400、8sec×5フレーム)
  かに座のこぢんまりした かわいい散開星団だけど、拡大するとイマイチ

20:08 かに座 NGC2775 (Gain=450、8sec×8フレーム) 
 ※初
  うみへび座の頭に近い銀河(C-48) 右側(下側)に謎の光が入り込んでいる

20:18 おおぐま座 M81 (Gain=400、8sec×4、15sec×6、コンポジット)

20:24 おおぐま座M82 (Gain=400、8sec×9)

これまでの fl=800mm反射望遠鏡でも隣り合わせがギリギリでしたが、fl=1500mm となると、銀河それぞれになってしまいます。位置関係を Guide の星図に重ねてみました。


20:40 きりん座 NGC2403 (Gain=400、15sec)
 ※初
  おおぐま座の顔の近くにある きりん座の銀河(C-7)

20:50 おおぐま座 M108 (Gain=400、15sec×5)
  PC画面で、銀河の複雑な模様が見られるとうれしい!

20:59 おおぐま座 M97 (Gain=350、15sec×5)

おおぐま座での電視観望で、薄雲があるワケでも無い(たぶん)のに、画面がやけに明るくなってきた。

  M108 と M97 のオリジナル画像

CMOSカメラに何か異常でも? 時計も21時を回ったので、終了することに。

さて、このようにスカイウォッチャー DOB GOTO の自動導入機能を使うことで、それぞれの天体を5~10分で次々と導入し、観望&撮影することができ、2時間少しの間に14個もの天体を、しかも3個は初の天体を見ることができました。自動導入、スゴイ!

と書きつつも、実は問題がありました。

1つは、自動導入の精度がすこぶる悪い、ということです。

アライメントは「1スターアライメント」でした。対象星は金星とシリウス。その状態で天体を導入させると、ファインダーの中央から視野半径の半分ほどズレた位置になってしまいます。そのほとんどが横方向? スカイウォッチャーの導入精度はこんなに悪いのでしょうか?
昔、ミードのETX-90 (fl=1250mm)を使った時は、導入精度はフツーに良く、20mmアイピース(60倍ほど)でガイドツアー機能を使ってどんどん天体を見ることができました。
しかし、スカイウォッチャーの精度では、20mmアイピース(75倍)で、視野の2~3倍ほどズレた位置になってしまい、今回は見知った天体しか見ることができませんでした。

2つめは、WiFi 電波が出ていないこと。

スカイウォッチャー DOB GOTO WiFi は、その名の通り、WiFi 電波を飛ばして、専用アプリを入れたスマホで操作や天体導入ができます。自宅でこの機能を試したときは、アプリの使い勝手に問題がありました(これについては後日)、WiFi 接続で望遠鏡の操作や天体導入ができました。ところが、この晩は、WiFi 電波がそもそも出ていません! スマホの「WiFi アナライザ」という、電波状況を確認できるアプリで確認しても、電波が全く出ていません。早速 壊れた? それとも、気温が低いと出ない? 確かにこの夜の使用環境は氷点前後の気温。

この2つの問題については、購入した代理店に問い合わせをし、返答待ちです。

小惑星による恒星食の観測(不成立)2020年02月24日

今日は久しぶりに東北地方での18時台の小惑星による恒星食が予報されてました。晴れそうだったので、近くの、新しい星見場所へ出かけてみました。

  (694) Ekard による12等星の食

今年は雪が少ないものの、人の出入りもなく、一度も除雪されてない公園には、まだ雪が積もっていました。公園下の駐車場は幸い、きれいに除雪されていました。

いつもの20cm反射望遠鏡を、方位磁針でおおよその北を確認して設置。極軸調整のできる星が出るのを待ちます。
ノートPCには、GPSレシーバーを付けて時刻の補正を行い、CMOSカメラを付けて、観測体勢OK。
やがて北極星が見えてきたので、極軸調整はOK。望遠鏡を東に向けて、目標の12等星が導入できるまで待ちます。



目標星は、うみへび座の頭とM48の中間辺りの星。


まずファインダーでかに座の四辺形を捉えました。そこからうみへび座の頭の星を捉え、そこを起点に目標星の位置を導入。空が明るいので、近くの9等星で構図を決めて暗くなるのを待ちます。


しかし残念なことに、初めは雲が無かった東空低くに薄雲が広がり、結局9等星以上の星が見えることはありませんでした。残念。


とりあえずは、空が明るい中での望遠鏡や観測機材の設置や準備、そして目標星の導入まで、一通りできたことを確認しました。経験の回数を重ねることで、現象の観測に集中できるようになりたいものです。

スカイウォッチャーDOB GOTO 不具合点について2020年02月25日

2月21日の日記に書いた、スカイウォッチャーDOB GOTO WiFi の不具合点、
 1.自動導入の精度がすこぶる悪い
 2.WiFi 電波が出ていない
について、購入した店を経由して代理店に問い合わせて頂き、その返事が届きました。

1.自動導入の精度がすこぶる悪いことについて

アライメントの際に惑星を使わず、恒星だけで行うと、導入精度が上がるとのこと。
また2スターアライメントでは、60度前後離れた恒星で行うと、導入精度が上がるとのことでした。

MeadeのETX90ではそもそも惑星でアライメントできなかったのですが、SycScanでも惑星は使わない方が良いのですね。

2.WiFi 電波が出ていないことについて

メーカーから動作保証の基準は無いが、一般的に、10℃~40℃の範囲内では動作するとのこと。やはり低温環境ではWiFi電波は出ない場合があるようです。

これまで気温が低い状況(主に氷点下)で、SharpCapでライブスタックした画像を保存させたハズのものが保存されていなかったり、ノートPCが充電を開始してくれなかったりと、いろんな不具合がありました。やはりコンピューター関係のモノは、10℃以下、特に氷点下では、使用に注意が要るようです。

  Androidアプリ 「WiFi Analyzer」でWiFi電波を確認した例