CMOSカメラ用光害カットフィルターの効果2019年11月26日

CMOSカメラ用の光害カットフィルターが届きました。

先日上京した際に KYOEI TOKYO を訪れ、いろいろ話を聞きました。Webページに IDAS の光害カットフィルターが在庫限りで安くなっていたので購入を考えていたんですが、相談して考えを変えました。

IDASの光害カットフィルターは、市街光の他に赤外域をカットし、赤外カットフィルターを外す改造デジカメにも対応しているのがウリみたいで、透過率グラフを見てもそのようになっています。

しかしこのフィルターが在庫限りになっていたのは、IDASが従来の市街光だけでなく、最近流行の白色LEDの光もカットできるフィルターに移ったからなのだそうです。新しいフィルター「Night Glow Suppression filter NGS1」の透過率グラフは次の通り(KYOEI TOKYO のサイトから)。灰色の線が迫力LEDのスペクトル曲線で、青色LEDの緩やかなカーブとオレンジ色のピークがあることが分ります。

今持っているCMOSカメラは ASI290MC と ASI183MC。それぞれ望遠鏡に取り付け方が違います。そこで、どちらにも使えるよう、コマコレクターに付けられる φ52mmのフィルターを購入。さらに、手持ちの初代コマコレクターはフィルターを付けられるモノではではなかったため、コマコレクターも新たに購入(^^;

  新たに購入したコマコレクターと、光害カットフィルター

φ52mmのフィルターなので、カメラレンズに付けて撮ってみました。何とも不思議な青い空になって、どうにも処理できません(^w^) そもそも広写野用のフィルターじゃないので、当たり前ですね。

  28mmレンズに付けて、東から昇ってきたおうし座を撮影。
  プレアデスやヒアデス星団が蚊投じて見える。

  上に光害カットフィルターを付けて撮影したもの。
  中央と周辺で色具合が大きく違うので、画像処理でどうにかなるモノじゃない。

ところで、飛行機雲が長く、湿気の高い星空の中、フィルターの効果を確認する試写のためにでかけたのですが・・・

まず、何度も撮ったM27をフィルター無しと有りで撮ったハズなんですが、1枚しかPCに保存されておらず、フィルター有り/無しのどっちか分りません (+_+; たぶん、無しだと思います。


低空のために市街光の影響が大きいらせん星雲。これもフィルター有り/無しを撮ったハズなのに、フィルター有りしか保存されておらず。

   NGC7293 = らせん星雲、光害カットフィルター有り、Gain=400、30sec

  上の画像のカラーバランスを調整したモノ。
  星雲はそれなりに写っているけど、恒星がピンク色になっている。

  撮影時の SharpCap の画面。カラーバラmスが思いっきりズレている!

さんかく座M33銀河は、フィルター有りしか保存されてなかった。

  M33 さんかく座銀河、光害カットフィルター有り、Gain=400、30sec

上をカラーバランス調整したもの。


それにしても、-2℃(車の温度計)での天体観望はツライ。望遠鏡の鏡筒を触ると、霜が付いていた! 鏡筒の霜は写真に良く写らなかったので、車の霜を撮ってみた。

  フロントガラスの上の霜

  リアワイパーの霜

これからの時期は、寒さや霜の対策をしないといけないなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック