クリスマスと星 その22018年12月01日

【星空案内Tips】クリスマスと星 その2

まだ1ヶ月以上も先なのですが、街ではLEDイルミネーションの点灯が行われ、パーティ用食材の予約が始まるなど、そろそろクリスマスの話が出てきました。クリスマスと星とはいろいろと関係があるので、紹介したいと思います。

3.クリスマスが12月25日に行われるようになるまで

この項は、星とは関係ありません。「4」のための前置き話です。

初期のキリスト教では、キリストの死と復活が大きな関心事だったので、当初、毎週の「主の日」(後に日曜とされる)と、キリストの復活を祝う「復活祭」(イースター)を大切な祝日としていました。
また、使徒や殉教者を記念する祝日は、彼らの命日とされました。
このように、キリスト教ではもともと、誕生日を祝うことは行っていませんでした。それどころか、3世紀初頭の記録では、神の誕生日を祝う異教を批判していました。

しかし、教会の公式としては誕生日を祝うのは批判的でしたが、信仰者はイエスの降誕を祝いたい気持ちは古くからありました。そもそも「マタイ伝」「ルカ伝」にイエスの降誕にまつわる物語が記されていたことも、その現れでしょう。243年に出たある書物では、イエスの誕生日を3月28日としていました。なぜこの日としたかは不明ですが。

そうこうしているうち、4世紀の前半には「キリストの洗礼と誕生」を教会で公式に祝うようになりました。これは「顕現祭」で、1月6日でした。一方、ローマのコンスタンティヌス帝は、当時兵士の間でも信仰されていたミトラ教からキリスト教に改宗させる意図もあって、ミトラ教の太陽崇拝とキリスト崇拝を統合させようと、冬至祭の日であった12月25日をキリストの誕生祭としました。多くの教会から抵抗があったそうですが、386年には12月25日を「すべての祝祭の原点」である「キリストの誕生」を祝う祭が行われました。

4.クリスマスツリーが家庭で飾られるまで

教会では「クリスマスの夕べ(クリスマス・イブ)」に教会でミサを捧げ、また人間の原罪を解説するため、旧約聖書・創世記のアダムとイブの物語を絵画や人形で解説したり、劇で演じられていました。劇では、知恵の木として常緑樹が置かれていました。知恵の実としては、当時入手できた果実としてリンゴが代用されました(リングが知恵の木の実ということではなく)。

アダムとイブの物語や、イエスの誕生の物語を模した人形は家庭にも広まり、イエスの誕生はそれぞれの家庭でも祝われるようになりました。

16世紀のドイツの神学教授マルティン・ルターは、家庭でのクリスマスがより良くなるよう考えながら夜道を歩いていて、枯れ木の前で空を見上げたとき、枯れ木の枝に星々が輝いているのを見、「コレだ!」と思ったといいます。この出来事から、家庭で飾られるクリスマスツリーに、星を模したローソクが飾られるようになりました。

(クリスマスツリーとしてモミの木が使われるようになった経緯については、ネット上のたくさんのページにいろんな説が紹介されていますので、そちらを)

ちなみに、クリスマスツリーに飾られる「オーナメント(飾り、装飾)」のうち、丸い玉は、知恵の木の実を表しています。

5.危なくないクリスマスツリー

この項も、星とは関係ありません。

クリスマスツリーに星飾りとしてローソクが灯されるようになると、当然ながら火事がよく起こるようになりました。

20世紀初めの発明家トーマス・エジソンは電球を発明し、電力会社も興しました。しかし電球はまだまだ高価で、なかなか売れませんでした。そんなエジソンが思いついたのは、火事の多発するクリスマスツリーに、ローソクのかわりに小型電球を飾る、というものでした。エジソンはそのような小型電球を開発して「危なくないクリスマスツリー」として、電飾したクリスマスツリー飾りました。これにより徐々に電球が普及し、こんにちのクリスマスの電飾につながりました。