恒星間小天体 A/2017 U12017年10月29日

10月19日に発見された彗星 C/2017 U1 が、その後の観測から軌道が離心率の大きな双曲線軌道をしていることが分かり、そのことからこの天体が太陽系のオールトの雲由来のものではなく、恒星間天体であることが判明しました。


このニュースはそれなりに注目していたのですが、Facebookで知人がその軌道をステラナビゲータで表示させたので、それを真似てやってみました。


  恒星間小天体は、こと座の方向からやってきた

  恒星間小天体は、ペガスス座の方向へ向かう

この天体について、Projectpluto の Bill Gray氏が詳しく書いていました。まだ読んでませんが (^^ゞ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック