京都からのプレゼント2017年10月26日

Facebookで、お名前は知っていても、リアルに接することのできなかった方とコンタクトが取れ、中には友人関係になって互いに情報交換できるというのは、本当にありがたいものです。

京都で天文普及活動を行っている、京都情報大学院大学の教授でもある 作花一志 さんとは、天文教育普及研究会の会員の関係でしたが、何かの縁でFB友人になり、お互いの活動を紹介し合う仲となりました。

京都では、京都大学花山天文台を基点として、NPO法人 花山星空ネットワークが様々な天文普及活動を行っています。特に京都は平安時代に都であった場所だけに、古くからの天文にまつわる話が豊富にあります。そんな土地柄、花山星空ネットワークでは『京都千年天文学街道』と題して、ツアーや天文学の学習会を行っています。

10月21日午後に『第30回 アストロトーク』が開催されました。今回の内容は以下。
 ・講演 『かぐや姫が月に還った日は? ~名月と平安文学~』
 ・4次元宇宙シアター  『3Dメガネでみる宇宙のすがた ~月のすがた~』


作花さんの投稿に、興味深いイベントながらいつも行けない私としては
 「イイなぁ~ 聴きたいなぁ~」
と思っていた私が、そんなコメントをしたところ、
 「今回は30回ということで粗品を進呈できます」
とのこと! 
早速住所を連絡すると、封書が届きました!!
中には、花山星空ネットワークの会報『あすとろん』 Vol.39 と、CD-ROM。

  あすとろん 第39号 目次
   いよいよ大日食
   花山星空ネットワーク第19回講演会・総会・懇親会 報告
   究極の電波望遠鏡 アルマが見た宇宙
   宮本正太郎先生を偲んで(続)
   金星最大光度のころ
   金曜天文講話
   京都大学4次元デジタル宇宙シアター
   科学談笑喫茶室 理カフェ
   古事記の中の天文記事
    ~天の安の河のうけいとアメノワカヒコの葬儀
   星空川柳
   3.8m望遠鏡からモノづくりラボ、インキュベーション・センターへ!
   この夏の天文イベント
   お知らせ


CD-ROMの中には、これまで作花さんが作り貯めた講話スライドや解説PDFが収められていました。


今年の天文教育普及研究会 東北支部集会@八戸 には、会員ではない教員の方が参加した時、発表される方々がそれぞれスゴイ肩書きを持っているのに、皆対等に、楽しく意見交換していたことに驚いたと話していたと聞きました。
そう! それが『天文普及』という分野(業界?)のおもしろい点であり、また貴重で大切なところだと思います。どんなにエライ ”先生” でも、天文普及の現場では、皆 同志なんですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック