「みちのくドローンスクール」に参加2017年09月27日

9月26日(火)に、八戸市で「みちのくドローンスクール」さんによるドローンの説明会・体験会が無料で開催されるというので、参加してきました。その時の画像が送られてきたので日記に記します。

ドローン説明会・体験会を知ったのは、FaceBookの広告からでした。今回が第3回とのこと。近場でこんな興味深い会が開催されていたんですね。


私はいろいろ選んで、屋内でも飛行でき、改正航空法の適用外の199gのトイドローンを買ったのですが、その操作は独自学習。実際に飛ばしながら体験から学ぶ、という方法。なので、専門家から教わることのできる機会というのはとても貴重です。

  説明会会場の、八戸シーガルビューホテル


  講師は、みちのくドローンスクール仙台校の桐生さん

  「みちのくドローンスクルース」の説明

  ドローンの種類 1:ホビー用ドローン

  ドローンの種類 2:レース用ドローン

  ドローンの種類 3:産業用ドローン

  ドローンの種類 4:これもドローン (無人ヘリコプターや、無人水中探査機など)

  体験会で使うのは、ファントム4

  ホテル所有(?)の野球グラウンドで飛行体験会
  すでにホームマークとコーンが2セット置かれていました。

  ファントム4本体とコントローラーと首から下げるバンド
  iPadを載せたコントローラーはそこそこ思いので、バンドで下げて使う

  ジョイスティック操作には、モード1(日本式)とモード2(海外標準)があった。
  モード1(日本式)はラジコンヘリコプターで使われてきた方式で、
  ドローンではやがて淘汰されていくだろう、とのこと。


  体験会で操作する際は、安全のためヘルメットを着用
  蛍光色のジャケットは「みちのくドローンスクール」のジャケット

  ドローンから自分たちを見る

  グラウンド上空から見下ろす
  ファントム4では、カメラの上下をリモコン操作できる

  鮫角灯台が近くにあるこの眺めはバツグン!

  ファントム4の操作画面のスクリーンショット

講師の桐生さんがデモフライトもして下さいました。
ファントム4といえど、バッテリーの1回のフライトは20分少々。そのため上昇は素早く行い、パッパッと撮影しなければならないとのこと。

まずホームポジションから離陸すると、急速に上昇。コントローラーは体験会のために高度を50mに制限させていたものを140mに変更し、さらに上昇。
そして鮫角灯台の方へ移動。灯台上空を通過する時には、カメラのチルトを使って、灯台の方向を追いかける。
そしてドローンはさらに移動して三陸海岸へ。海岸上空をHDで眺めるのはとてもキレイ!講師の方は国交省の許可を得ているので、こういう上空もフライトすることができるのだそうです。スゴイなぁ~

  記念撮影

ドローンを使った記念撮影
プロが操作した、映像として効果的なドローン操作と、同時にカメラワーク。スゴイなぁ。

自分のトイドローンだけでなく、業務用のファントム4の操作をできたことも貴重な体験でしたが、プロの方の操作を見たり、いろいろ話を聴けたのは、本当に貴重な体験でした。

さらに驚いたのは、ファントム4のスペック。
何と、上空には6000mまで飛行できるとのこと! 地上に居ながら富士山山頂も撮影できるってことですかぁ?
映像伝送距離は2km (DOBBYは100m ^^; )。
GPSでの自動フライトもできる、とってもイイ機種です。とっても使いやすい!
ま、私の場合は、ソレが必要か、ということと、あとはお金の心配、ですね (^^ゞ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック