アルデバラン食2015年10月02日

黄道に近い1等星、アルデバラン、レグルス、スピカ、アンタレスは、月に隠されることがあります。いずれも月軌道(日本では白道と呼ぶ)の昇公転黄道の位置で食の起こる期間が変わります。今はアルデバランが食のシーズン。

今年2015年には、7月13日、10月2日、10月30日、11月26日、12月24日の5回のアルデバラン食が日本から見られるとのこと。
10月2日の食は、21時過ぎに月齢19.2の月の暗縁からの出現が見られるということで、撮影に。

全国的に爆弾低気圧の通過による暴風雨で悪天になっている中、こちらでは昼から晴天。しかし強風で、こりゃ撮影はムリかな、と思っていたところ、20時過ぎには風も弱まり、これはイケルかな、と。

まだ風は強かったので、とりあえず望遠レンズだけで撮影。300mmでちょうどおうし座の顔の星の並びが入ったので、その構図で。




月の方面は多少ガスっていたのか光芒が多かったですが、強風のおかげで空気は澄んでいたようで、天頂附近は空が暗く、たくさんの星が見られました。残念ながら、撮影出かけられる余裕は無かったのですが。

今年 残り3回のアルデバラン食は次の通り。
・10月30日 9時過ぎ 月齢17.0の月の明縁潜入(月没時)
・11月26日 17時過ぎ 月齢14.6の月の明縁潜入、18時過ぎに明縁出現
・12月24日 9時過ぎ 月齢12.4の月の暗縁潜入(月没時)

いずれも、月が明るく、また月高度が低いものもあり、条件は良くありません。

2016年には、以下のアルデバラン食が起こります。
・2月16日 16時半頃 月齢 7.7 暗縁潜入、明縁出現
・5月 8日 19時前   月齢 1.6 暗縁潜入 明縁出現
・7月 2日 14時半頃 月齢27.1 明縁潜入 暗縁出現
・9月22日 9時前   月齢20.7 明縁潜入 暗縁出現 北海道で接食
・11月16日 3時前後 月齢16.4 明縁潜入 暗縁出現